2020年04月29日

バイカ-ズウォレット「B-3」


サムライクラフトが小さな工房だった頃、オーナーが希少な革を求めて革屋巡りをしていた。限定革を手にするために必要な現金を、いつものスタイルで持ち歩くには・・・。
それが「B-3」誕生の由来だ。

コンセプトの「100万円が入るウォレット」の通り、このウォレットの最大の特徴はその容量だ。簡単にお札や領収書などをスポッと沢山投げ込める。見た目だけなく、使い方もカッコ悪くならないよう設計されている。

このB-3モデルは通常のロングウォレットよりも口が大きく開くよう設計されている。 片手でお札やレシートを投げ込めて、煩わしさを解消。

ウォレットは使用するごとに持ち主のバックポケットに収まりやすいよう、形を変えていく。 この湾曲したカーブも計算に入れて財布の厚みや革の強度が保たれている。皮革の特徴を生かしつつ、ベストな厚みを目指して幾度となく試行錯誤し、長年使用した場合の見た目や強度を考えてこの厚みへ辿り着いた。

商品はこちら。  
Posted by サム at 08:00Comments(0)

2020年04月22日

サムライクラフト創業からの代表作


革の面白さ・育てる楽しさを存分に味わえるロングウォレット。
皮革の特徴を生かしつつ、ベストな厚みを目指して幾度となく試行錯誤し、長年使用した場合の見た目や強度を考えてこの厚みへ辿り着いた。

外周はシニューによる完全手縫い仕上げ。シニューにはしっかりと蝋引きされたものを使用し、耐久性もに優れている。シニューもしっかりと経年変化する。 また、コバも手間を惜しまず処理されており、美しい仕上がり。正に職人仕事の成せる業。

中の仕様は、カードケース×10・規格外カードポケット×2・札入れ×4(内マチ付き札入れ×1)・小銭入れととにかく大容量。 ウォレットを開いた時に、カラフルなカードが見えないように札入れの中に隠し、また革の床面が見えないようデザインされている。

サムライクラフトのウォレットは思う存分経年変化を楽しむことができる。 画像はナチュラルのサドルレザー。使い込み、オイルメンテナンスすれば美しい飴色へと変化する。 その他の素材のレザーも、どれも使用していくと段々と表情を変えていく。 世界に一つだけのウォレットを作り上げる楽しみが、ここにある。

商品はこちら。  
Posted by サム at 08:00Comments(0)

2020年04月15日

形にも拘ったコインケ-ス


北米産の上質な原皮を姫路タンナーが選別したイタリア産のオイルワックスを多く使用し、弊社サドルレザーよりしっとりした質感のレザー。

染料のみで色付けした革は透明感があり、革本来の表情を活かした仕上がり。
植物タンニンで鞣し、オイルを多く含んだ素材で経年変化も楽しめ、しなやかでありながら適度な張りも保持。

手のひらサイズで持ちやすさもあります。

閉める時の「パチッ」「パフッ」がクセになりますよ♪

コインケース タイプ1 はこちら

※写真のカラーはオリーブ。
他のカラーはカート内備考などにご記入頂けましたら、そのカラーで制作致します!

商品のお問い合わせはこちら。
TEL/FAX:022-739-7495
Mail:onlineshop@samurai-craft.com  
Posted by サム at 08:00Comments(0)

2020年04月08日

手仕事による編み込み模様


定番だからこそ「作りの良さ」を実感出来る、バスケットウィ-ブラウンドファスナーロングウォレット [TYPE-1]
厚いツ-リングレザ-に、カービングと同じように革の特性を生かして編み込みに見える
模様を刻印。寸分狂わず刻み込まれた刻印は、まさに職人技。

ファスナーカラー/ベージュ(金具/アンティークゴールド)

カード入れ×16 札入れ(マチ有)×2 札入れ(マチ無)×2 小銭入れ×1 規格外カードポケット×1
シニューによる完全手縫い仕上げです


バスケットウィ-ブラウンドファスナーロングウォレット [TYPE-1]はこちら。  
Posted by サム at 08:00Comments(0)

2020年04月01日

プリントが光る逸品


Lファスナーロングシリーズに、「Japonism」、「Art」シリーズが登場。敢えて持ち主の扱い方で色味の出方が
大きく変わるサドルレザーを用い、深い茶色に経年変化した後を意識して配置・色をデザインしたウォレットです。

「Japonism」シリーズは、その名の通り日本風アートのコレクション。

「Art」シリーズは、ランダムに選んだ様々なジャンルのアートのコレクション。

カード入れ×6 札入れ×1 小銭入れ×1

スリムながら大容量のロングウォレットです。

「Japonism」シリーズはこちら。
「Art」シリーズはこちら。

  
Posted by サム at 08:00Comments(0)