2019年03月30日

続バスケットウィーブ・コンマ何ミリから生み出される立体感。


28日(木)の投稿でもバスケットウィーブの緻密な技法をお伝えいたしましたが、
今回はコインケースとキーケースをピックアップしてみました。




カービングにはハーマンオーク社のレザーを使用。
刻印を施す面の実際の革の厚みはたったの2mm。微妙な打刻の加減で
ここまで均一な立体感が生み出される。




シルバーコンチョのドームが立体感に相乗効果をもたらしている。
コンチョのドームの高さにもサムライクラフトのベストバランスとして作られているもの。



手のひらサイズの小ぶりなものも素材と技法のコラボレーションで
とてつもない存在感を放っている。


バスケットウィーブ コインケース/キーケース は こちら
  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月28日

レザークラフトの世界観が凝縮されたバスケットウィーブウォレット。



バスケット編みに仕上げたようなスタンピングの技法は、レザーカービングではよく用いられているもの。
これは、実際に編み上げるのと同じくらい細かい作業の繰り返し。




ひと編み幅の小さな刻印を隙間なく、ひと幅ずつずらしながらコンコンと打ち込んでいく地道な作業。
これをひたすら繰り返していくと自ずとバスケット編みの柄に見えてくる。




ラウンドファスナーロングウォレット 左:タイプ1 右:タイプ2
タイプ1は、A-1のフォルム、タイプ2はA-2のフォルムを継承したラウンドジップのウォレット。

財布の鉄板であるスクエア型と 角を落とした細身のボディで区別できる。




サイズ感としては、タイプ2がちょうどタイプ1のステッチ幅分小ぶりになっている。
ステッチのピッチやテンションも丁寧さが見て取れる。



内装は、各タイプ共通でジップ式コインケースを挟んで両面マチとなっている。
カードポケットの数などタイプにより違いがあるがいずれにせよ十分な容量を確保している。

時代の変化と共存しながら、ブレない世界観があるということを証明してくれるような存在の一つが
このバスケットウィーブというデザイン・技法だ。


ラウンドファスナー バスケットウィーブ は こちら



  
Posted by サム at 13:23Comments(0)

2019年03月26日

薄さと軽さが勝負。スーツ用に特化したビジネスウォレット。



これは、サムライクラフトの革命的なものにあたるのか、武骨さや頑丈さを武器に革を味わいながら自分流にやっつけていく財布を作り続けてきたが、ここで正反対の位置づけにある、とにかく存在感のない財布を作ってみた。


「エアリーウォレット」
懐に収めた時、収納したことを忘れてしまうほど薄くて軽いウォレット。
そのペタンコさでスーツの内ポケットに入れてもジャケットの外見を崩さないのがこのウォレットの存在意義。


ファスナーなどの金具も一切使わない、必要最低限のもののみを収納。
自分の行動パターンを絞り込んで効率化させるためのウォレット。


ロングサイズでお札を折らずに収納。
カブセ側はカードポケットになっている。電子マネーはカブセ側を当てるだけで読み取ってくれる。

カラーは ブラック ブラウン タン の3色。
あくまでもウォレットの主張は控えめに。

キャッシュレスもどんどん浸透し、持ち物をすっきりさせることが各々の勤めとなり、その助け役として誕生。


エアリーウォレット他、Lファスナーウォレットやコンペテントウォレットなどもビジネスシーンやキャッシュレス化対応に活躍できるウォレットが取り揃えられている。

ビジネス向けウォレットはこちら
Lファスナーウォレットはこちら



  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月23日

喫煙マナーに欠かせない。ストリームトレイルのアッシュトレイ


ストリームトレイの「トロピード」は、カラビナ付きでバッグやパンツのベルトループハンギングできる
ワンタッチマグネット式のアッシュトレイ。


そのトロピードに革を巻くことで使えるシーンが広がり、センスアップされた外見は
アウトドア系に限らず抵抗なく持ち歩ける。




フタが三角の形状なのは開閉時の空気の流れを考慮し、灰を巻き上げない構造になっているため。
フタの内側とボディの頭には強力なマグネットが付いており、「カチン」と気持ちよく留まる。



更には、鉄柱などにくっつくので煙草にコーヒーというときには手が空いて助かる。

トロピードはワンサイズ大きいLサイズもあり。

アルミのままでも革巻きでアップグレードしても使い勝手の良いものであることには間違いない。

トロピード製品一覧はこちら


  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月21日

万物流転。サムライクラフトのロゴを一新。



すべてのものごとは当たり前に変わっていく。
現ロゴもその時が訪れ、この度一新することとなりました。



刻印は初代刻印の面影を感じるシンプルなシンボルロゴに。
そしてハンドメイドの象徴となる針と糸。

今月受注製作分は新ロゴを刻印させていただいております。

展示品は随時切り替えになっております。
一定期間、新旧混在となりますが、改革時期として楽しんでいただければと思います。


しかしながら、現ロゴは一部商品のデザインの一つとして今後も継続されます。

サムライクラフトの進化を受け止めていただき今後も応援いただけると幸いです!
  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月19日

光輝を放つ黒。B-3ルガトショルダーブラック。



閃々として輝やく黒と、それを引き立てる白のステッチとシルバーコンチョ。



ルガトショルダーと呼ばれるタンニン鞣しの天然皮革は、光の加減で光芒を放つ。

長く伸びるベルトは、かつては100万円がはいるようギボシで調整していた。
キャッシュレス化の時代、調整はなくしたものの、当時の面影をそのまま継承している。



財布の迫力に引けを取らない大ぶりのシルバーコンチョ。
USオールドコインの風貌にSCロゴとハンドメイドの象徴ともいえる針を手にしたイーグルが刻まれている。



インテリアはWポケットと抜群の収納力。
カードケースは8枚仕様・16枚仕様とあり、基本8枚で販売の財布も16枚に変更できる。
(追加料金4千円。)

財布はその人の経済力を表すともいわれるもの。
簡素化の傾向が強い中、捨てなくてもよい拘りも存在するのではないか。


ロングウォレットB-3一覧はこちら


  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月16日

使い捨てのものをレザースリーブに入れ替えて。100円ライターケース。



一見何か分からない、指サックサイズのこれは、100円ライターを入れるケース(スリーブ)です。

記念品としても年に何回かオーダーいただく、ちょっと小粋なポジションのアイテム。



太陽神のマークや、無地のスタンダードなもの。
名入れなどのオーダーもよくいただきます。



100円ライターを入れるとこんな感じ。
ちょっと大事に持ちたくなりますね。

何度も入れ替えて革をツヤツヤに。

その他、レースの色や革を変えたり、バリエーションも多彩です。

ライターケース一覧はこちら



  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月14日

堅牢頑強なタフネスウォレット。「オールドバイカーロングウォレット」



どこにでも連れていけるバイク乗りのライダースウォレットとして誕生したオールドバイカーロングウォレット。

強靭に仕上げるためにエレファントスキンを全面に使用。



象の部位によってシワの密度が変わり、オリジナルの表情になるワンオフウォレット。
特にメンテナンスしなくても使い続けられるのもタフなところ。




ウォレットのフチは、ウォレットロープを巻いたのかと錯覚させる極太ループステッチ。
これを使い慣らすのは並大抵ではなさそうだ。


内装は至ってシンプル。
武骨で荒々しく使うにはこれが一番。

バイカーのためのロングウォレット。

オールドバイカーロングウォレット





  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月12日

ウォレットチェーンは財布とセット買いがお得。



財布の命綱、ウォレットチェーン。
ウォレットチェーンを財布と一緒に買うと、どのタイプを選んでも一律1000円引きになるというお得な割引がある。

※オンラインショップだと、サイトによって、金額が反映されない場合があるが、注文確定後に修正可能なので
 安心して購入いただいてOK。

そしてもう一つお得なのが、財布と同じ牛から裁断するので、色味が合うということ。
カラーレザーだと、鞣しの時期や原皮の個性などから、若干色味が違うこともある。
その差が埋められるのもおすすめポイント。



基本の長さは、金具を含めて全長50cm。
長さの変更もできるので、こちらはお気軽に問合せいただきたい。



ウォレットチェーンの中では6本編みが主流。
経年変化を意識し中に芯を入れていないので、程よい加減でしなやかになる。

光沢感は財布以上!

組み合わせ購入のド定番。ウォレット&ウォレットチェーン。

ウォレットチェーン一覧





  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月09日

手触りにはまってしまう。革巻きZIPPO。



時代が変化し快適さに慣れてしまっても、古き良きのワビサビ的な感覚が恋しくなるもの。

電子タバコが主流な時代となりましたが、喫煙愛好家の方は捨てられない拘りがあります。
そのひとつがオイルライター。



カチッとケースを開けてジリっとフリントを回し葉っぱに火をつけて。
オイルの臭いとともに煙を吸い込みたい。

そして本体を保護するように巻かれた天然なめしの革。



立体的な小物に施されたステッチ。
SCのモノグラム刻印。

贈り物としてのニーズも非常に高く、時代に左右されない定番アイテムとしてこれからもあり続けるのではないでしょうか。

サムライクラフト オイルライター 革巻きZIPPO





  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月07日

ミリタリー風のベルトでサムライクラフトレザーを愉しむ。



厚革ベンズを使用した頑丈なベルトはサムライクラフトの人気商品。
色違いで揃えられる方も少なくない。


サムライクラフトをステンシル文字で型染めしたベルト。
腰にぐるっと回すので、文字が読めそうで読めないくすぐったさも味わい深い。


全貌はこんな感じ。
SAMURAI CRAFT TOMIYA. 他

SINCE 2003 SAMURAI CRAFT
PRIDE IN CRAFTMANSHIP など、何バリエーションかご用意している。



ブラス素材のバックル。
ブラス生地そのままなので、ベルトと一緒に経年変化していく。

チーム名などを入れてカスタムオーダーしたい!という方はお気軽にお問い合わせください。


ステンシルベルト一覧

お問い合わせはこちら








  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月05日

腰からぶら下げる。ベルタイプ キーケース。



釣り鐘型のカバー(ケース)の中にキーが収まる仕掛け。



こんな風に内側にリングが付いており、そこに鍵をつけ、ひもで上からシュッと引っ張ります。



しかひもはコンチョにクルクル巻いて止めます。


裏側には引っ張り上げたひもが。
手で鍵を確認するのに十分な長さがあります。


ナスカンでベルトループに引っかけて持ち歩けます。

もし、スマートキーが大きくてなかなかサイズが合わない。。。とお悩みの方はサイズのカスタマイズも可能。

お気軽にお問い合わせください!

ベルタイプ キーケース

お問い合わせはこちらから

  
Posted by サム at 10:00Comments(0)

2019年03月02日

腰からぶら下げる。ベールトループキーホルダー。



ベルトに通して使用するキーホルダー。

金具の位置をトップスに干渉しないくらいに配置できるのですっきりキーリングやチェーンを取り付けることができる。
角ナス脇のだ円感はウォレットチェーンを取り付けるために付属している。



べるとは40mm幅のものに対応。
金具も、キーリングのジャラジャラに耐えられるタフで厚みのあるものに。



スナップボタンで開閉できるので、デニムにベルトを通した状態で取り付け可能。


カラーバリエーションも、ウォレットと合わせて使えるように取り揃えている。



更に贅沢に、シルバーコンチョを見せて。
ウォレットと合わせてオリジナル感を強調するのもあり。

べルトトループキーホルダー一覧
  
Posted by サム at 10:00Comments(0)