2019年03月28日

レザークラフトの世界観が凝縮されたバスケットウィーブウォレット。



バスケット編みに仕上げたようなスタンピングの技法は、レザーカービングではよく用いられているもの。
これは、実際に編み上げるのと同じくらい細かい作業の繰り返し。




ひと編み幅の小さな刻印を隙間なく、ひと幅ずつずらしながらコンコンと打ち込んでいく地道な作業。
これをひたすら繰り返していくと自ずとバスケット編みの柄に見えてくる。




ラウンドファスナーロングウォレット 左:タイプ1 右:タイプ2
タイプ1は、A-1のフォルム、タイプ2はA-2のフォルムを継承したラウンドジップのウォレット。

財布の鉄板であるスクエア型と 角を落とした細身のボディで区別できる。




サイズ感としては、タイプ2がちょうどタイプ1のステッチ幅分小ぶりになっている。
ステッチのピッチやテンションも丁寧さが見て取れる。



内装は、各タイプ共通でジップ式コインケースを挟んで両面マチとなっている。
カードポケットの数などタイプにより違いがあるがいずれにせよ十分な容量を確保している。

時代の変化と共存しながら、ブレない世界観があるということを証明してくれるような存在の一つが
このバスケットウィーブというデザイン・技法だ。


ラウンドファスナー バスケットウィーブ は こちら



  
Posted by サム at 13:23Comments(0)